普段の暮らし

中学受験の国語の学習は、戦略的に実力を高めていくことが重要です。中学受験の問題は小学校で行うものよりも高い読解力が要求されるので、付け焼刃の勉強だけではとても対応することが出来ず、長い時間をかけて着実に知力を高めていかない限りは、合格圏内には入ることが出来ないでしょう。国語の勉強は普段の暮らしも重要になってくるので、子どもに受験させたい方は、早いうちから国語に得意になるための生活を送りましょう。

国語の問題を解くためには、日常的に文章に触れて、問題の読み方を覚えさせることが大切です。そのためには普段から色々な本を読ませて、文章を読み込む実力を付けさせるようにしましょう。小さいころは積極的に読み聞かせを行って、本に対する興味を持たせ、勉強とは関係ない娯楽性の強い本を与えることで、自発的に本を読むようにすることで、問題を解くための文章の読み方にも対応できるようになります。

最近はテレビや漫画などの娯楽が増え、文章を読む機会が減っているといわれています。文章を読む習慣がある子どもと、まったく文章を読む機会がない子どもとでは、問題への対応力に大きな差が出るといわれているので、子どものころから積極的に文章に触れられる環境を作ってあげれば、中学受験の勉強も、よりスムーズに進められるはずです。