子どもの性格

中学受験の国語の問題を解かせるには、早いうちから国語の勉強を始めることが大切です。国語の問題は読解力が求められ、公式なども存在しないので、場数を踏んで経験を積まない限り、いろいろな問題に対応することが出来ません。国語の勉強を行うには、子どもの性格に合わせた勉強法も重要になってくるので、受験対策を準備する際は、子どもにぴったりな勉強法を考えてみましょう。

国語の受験勉強は、学習塾や家庭教師と知った専門家のサポートで、より円滑に行うことが出来るようになりますが、子どもの性格と塾の勉強方針が合わないと、勉強がほとんど進まなくなってしまいます。例えば負けず嫌いな性格の子なら、ほかの生徒と一緒に点数などを競うことが出来る集団塾が向いていますし、マイペースで周りのことを深く気にしない子は、家庭教師や個別指導塾のような、自分のペースで勉強できる環境を用意しましょう。

国語の勉強法も子どもの性格によって難易度が変わってきます。集中力が途切れがちの子は長文を読めずに問題を読み違えて答えてしまうことがありますし、頑固な性格の子は、自分の考えを優先して作者の思いなどを間違えて解釈してしまうこともあります。そうした子どもの性格と問題の回答の仕方の癖をチェックして、適切な回答が出来る知識を身につけさせましょう。