日常生活

中学受験の教科はいくつかありますが、その中でも国語の存在は非常に重要な存在です。国語はとにかく場数を踏んで、様々な問題に対応できるようになる必要がありますが、実際にやろうとなると、普段の勉強量だけでは、いろいろな問題に対応できるようになれるかどうか、非常にきわどいところといわれているので、国語の勉強は日常的にも行うようにしましょう。

中学受験の方法には色々な方法があります。ごく普通に中学受験のための勉強をするだけでなく、様々な問題に関係あることなので日常的に国語の勉強を重ねることが大切です。例えば、文章を読む機会を普段の暮らしに必ず取り入れるだけで、文章力や読解力がかなり向上します。さらにそれらに問題がついていたら、よりたくさんの問題を解き、文章が求めている答えなども把握できるようになって来るので、出来れば参考書などを元に、出来る限り多くの知識を見に付けましょう。

国語の勉強を重ねることにより、ほかの教科の問題にも変化が現れます。中学受験においては試験問題に対しての読解力が強く求められるので、読解力が高い生徒は、ほかの教科でも高い評価を得ることが出来ます。普段から本を読むように習慣付けるようにするだけで、試験の合格率もどんどん上がってきます。