問題への慣れ

中学受験の国語の問題を解くためには、とにかく慣れが必要です。中学受験の国語の問題では、長い文章を考える長文問題や、作者の考えなどをまとめる記述問題など、明確な解き方や答えが出ないものがほとんどで、それらを解けるようにならない限りは、合格も夢のまた夢です。少なくとも付け焼刃では得点につなげられないので、少しでも早いうちから勉強を始めて、様々な問題に対応できる子どもを育てる必要があります。

中学受験の国語の問題は、問題文の中から答えとなる考えなどをまとめたり、自分の考えを文章にまとめたりと、より高度な問題を解く必要があります。そのための知識を身に付けるためにも、まずは長文を読む練習をさせましょう。日常的に本を読んでいれば、自然と長文を読む力も身につきますが、長文を読む機会がないと、あっという間に集中力が途切れてしまうので、文章を集中して読ませられるように、小さいうちから読書の習慣を付けて、文章に慣れさせてあげると、勉強をスムーズに進められます。

国語の問題はとにかく数を答えさせましょう。国語の勉強用の参考書は数え切れないほど用意されていますし、学習塾や家庭教師では、志望校の過去問題も使って授業を行っているので、それらを続けて解き続けることで、問題分が何を求めているのか理解し作者の考えを読み取ったり自分の考えを短くまとめたりといった、国語の問題の解き方を身に付けることが出来ます。