文章を読む

中学受験の問題に共通するのは、どの教科も読解力が求められるという点です。多くの教科は長文の問題文から、どういった答えを求めているのかを読み取らねばならず、それが出来るだけの読解力がないと、本来なら解けるはずの問題にも対応できなくなってしまいます。そのため中学受験の国語の勉強は、非常に重要かつ時間をかけて学ぶべきといわれています。

中学受験の国語の勉強では、まず第一に文章を読ませることからはじめましょう。普段から本を読む習慣のある子は、長文を読んでも集中力が途切れず、出題者が何を求めているのかも、比較的早く読み取れるようになってきますが、読書経験がほとんどない子は、長文を読めずに斜め読みになってしまったり、集中力が途切れ、出題者が何を聞きたいのか把握できないままになりがちです。

中学受験の国語の勉強は、文章を読むことを習慣づけることから始めましょう。初めのうちは短い文章問題から取り組んでも問題ないので、文章を読んで問題に正解するという体験を与えることで、文章を読む意欲を身につけさせ段階的に文章を伸ばしていきます。こういった方法で長文の解き方を学んでいくことが出来るので、国語の勉強は早いうちから着実に行ってください。