早いうちから

中学受験の勉強は早いうちからはじめるに越したことはありません。子どものうちから高度な試験問題には対応できないかもしれませんが、勉強を習慣を付けさせるだけでも、受験勉強への身の入り方が大きく変わってきます。特に国語の問題については、長い時間をかけて様々な文章を読み解けるようにならないと、どの問題も解けなくなってしまうので、早いうちから対策を考える必要があります。

子どものうちから国語の受験勉強をさせる際は、読書習慣を付けることから始めてみましょう。はじめのうちは子どもでも楽しめるような児童小説を読ませてもいいので、文章を読むことに対して楽しさを感じてもらいましょう。そうすることで試験の文章の読み方も、大事なポイントを抑えられる読み方を身に付けられます。さらに段階が進んだら、過去の試験問題などで出された本を読ませて、どんなポイントが出たのかを教えることで、出題者が求める回答がどんなものかを学ばせてください。

国語の勉強を早く行うべき理由は、ほかの教科も関係しています。中学受験の試験問題を見ると、ほかの教科でも長文の記述問題が出たり、文章問題が多数出題される教科があるので、国語が苦手な子は、得意な教科でも実力を発揮できなくなる可能性があります。それを防ぐ意味でも、国語の勉強は非常に重要な要素となるので、なるべく早めに国語の勉強準備は進めるようにしましょう。