時間をかける

公立中学校よりも良い環境で子どもを勉強させたいと、中学受験を受けさせる保護者が近年増えています。学校のレベルにもよりますが、どの学校も受験問題は小学校で受けるテストよりも難易度が高いものがそろっており、解き方にもコツが必要です。特に国語の問題は、長文の記述問題など解き方をあらかじめ身に付けておかないと解きにくい問題がそろっていますので、時間をかけて勉強しておく必要があります。

国語の受験勉強を行う戦略は、時間をかけて経験を積む以外にありません。少なくとも一夜漬けで学べるようなものではありませんし、苦手意識が身についている子どもの場合は、苦手意識を払拭しないとスタートラインにすら立てません。国語の苦手意識がついている子は、長文を見ても集中力が続かなかったり、斜め読みをして肝心なポイントをつかめなくなっていることが多いので、はじめのうちは短い文章で問題の意図を読み取りやすい問題から始めて、少しずつ経験を積んでいくのが、試験勉強の一番の近道です。

国語の問題は難易度が高いですが、コツをつかめば大抵の問題で高得点が出せる教科に変わります。漢字や四字熟語の暗記などもありますが、メインとなる記述問題などに解答できるようになれば、安定して高得点が取れるようになるので、試験合格のためにも、絶対に高得点を取れるよう勉強を続けさせましょう。