漢字に注意

中学試験の問題は、学校のテストよりもはるかに難易度が高く、出される問題の範囲も広くなっています。国語の問題も、長文の読解力や問題分の理解力などが強く求められるので、様々なタイプの問題に対応できるよう前もって勉強しておく必要がありますが、それと同時に漢字の書き取りや読みの問題も出てきます。これらの問題は暗記すれば取れる比較的簡単な問題なので、確実に正解できるよう準備しておくことが大切です。

中学受験での漢字問題は、基本的には小学校で習う漢字が解ければ問題ないといわれています。学校のレベルによっては内容が変わるかもしれませんが、基本的にはもっと大きな問題が重要視されており、ついつい後回しにしてしまう方もいますが、こうした覚えてさえいれば確実に点数が取れるポイントを抑えておくか否かで、合格できるかどうかが大きく変わってくるので、漢字の読み書きにも極力気を配りましょう。

漢字の読み書きは、日常的に暗記を続けることが大切です。学校の授業でも漢字の書き取りは習うので、その段階でしっかり漢字は覚えるようにして、自宅学習では予習と復習を毎日少しずつでも行うようにしましょう。常に頭に漢字を覚えさせるために、トイレなどに漢字の早見表などを用意している家庭もあるので、漢字が苦手な子どもを持つ方は、日常生活に漢字を加えてみてください。