精神年齢の問題

中学校の受験問題は、小学校のテストよりもはるかに難易度が高く、どの教科もはるかに考えることが多いといわれています。特に国語のテストは、普段使わない言葉をよく使い、作者の考えを文章から読み取るなど、高度な考えが必要になってきますが、精神年齢が問題に合わないと、どうしても読者や作者の感想を書くことが出来なくなることがあるので、受験勉強の際は注意が必要です。

中学受験の国語の問題は、高い読解力に加え、高い精神年齢が求められることが多いといいます。問題の文章の難しさもありますが、自分よりもはるかに年上の作者の気持ちを考えて文章にするなど、何かと考えなければならないことも多く、そのせいで問題にすぐ答えられなかったり、問題の求める解答が出せなかったりと、想像以上に問題が解けなくなるといわれています。

中学受験のために精神年齢を育てることが出来るかどうかは、周囲の環境にかかっています。勉強一辺倒の子は、精神年齢が育ちにくくなるともいわれていますが、自宅で過ごすことが多い子も、学習塾での勉強や保護者のサポートによって、精神年齢を引き上げることが出来るはずです。それまでは時間がかかるでしょうが、早めに準備を進めれば、試験本番までには十分に問題を解けることができるようになるはずです。