他教科も利用

中学受験に出る国語の問題は、はじめから国語が得意な生徒でなければ、いきなり解くのは難しいでしょう。その特徴は高い読解力が必要となる構成で、慣れないうちは、問題がどんな解答を求めているのかもピンとこないといわれているので、少しずつ実力を高めることで、様々な難易度の高い問題に対応できるようになります。さらに国語の問題に限らず、読解力を求められる記述問題はほかの教科でも多く見られるので、読解力が高ければ、ほかの教科の点数も上げられるはずです。

中学受験の問題の多くは、問題が何を求めているのかを知ることが出来る、読解力の有無が重要となってきます。読解力がないと、せっかく解きやすい問題であっても、求めている問題の答えを導き出すことが出来なくなるので、読解力を少しでも高く高めるために、ほかの教科の読解問題にも、積極的に取り組んで、様々な文章を読み解く力を身に付けましょう。

中学受験に合格するためには、様々な教科の知識を身に付ける必要がありますが、国語に関する知識は、ほかの教科でも大きく役立てることが出来るので、出来れば早めに身に付けておきたいところです。読解力を身に付けるには、色々な文章を毎日読むようにして、知識を増やしていくことが大切なので、受験勉強は時間をかけて、少しずつ行うことを心がけましょう。