読書習慣は必要?

中学受験の試験問題は、どれも難易度が高く、早めに受験勉強の準備をしておかないと、試験本番までに十分な実力が身につきません。特に国語の問題は高い読解力が必要となるので、日常的に多くの問題に触れて、様々なタイプの問題に対応できるようにしなければなりません。そのため、読書習慣を早いうちに身につけさせて、国語に得意になってもらおうと考える保護者も多いのですが、読書習慣は試験勉強に必要なのでしょうか。

国語の対応力を深める上では、読書習慣は役立ってくれるでしょう。読書の習慣がほとんどなく、文章を読むことをしない子は、長文を読むことや、文面から作者の考えなどを読み解く能力が不足しがちで、集中力が落ちたり、大事なポイントを読み飛ばしたりすることが多いので、あらかじめ本をたくさん読ませることで、自然と国語の問題に対応できる能力を身に付けさせれば、国語の勉強もスムーズに進むでしょう。

読書習慣はあって困りませんが、必ず必要というわけでもありません。短文の問題から段階的に長文の問題を解かせることで、少しずつ解答の仕方は学んでいきますし、読書習慣があっても、自分の考えを優先して問題に接するなど、勉強に結びつかない読書の仕方が癖になってしまうこともあるので、国語の勉強の際は、問題を解くための、出題者を意識した読書の仕方を教えるようにしましょう。