苦手意識を持たせない

中学受験の国語の問題は、高い難易度を持つ反面、慣れてしまえば安定して高得点を取ることが出来ます。さらにほかの教科でも記述問題や文章問題は多く出てくるので、国語の勉強を通して、問題を読み解く力を身につけることが出来れば、ほかの教科の成績も自然と上がってくるでしょう。国語の勉強のポイントは色々ありますが、特に注目すべきポイントは苦手意識を持たせないことです。

国語の試験問題は、文章を読むことに慣れていないと、問題の意図をつかめず、点数も悪くなっていきます。学校のテストでも文章問題は多く出てきますが、この段階で苦手意識がついてしまうと、文章を集中して読むことが出来なくなり、問題を読んでもただ読むだけで、その背景にある出題者や作者の意図を考えなくなってしまいがちなので、国語の勉強をする際は、文章の意味を深く考えるよう指導することが重要です。

国語の試験勉強は、時間をかけてでも文章を読む力をつけることが大切です。文章をきちんと読むことが出来るようになり、その背景について考えを広げることが出来るようになれば、大半の問題に答えられるようになるでしょう。解答の仕方によっては、自分で文章を書く必要があるなど、これまた答え方についても考える必要があるので、確実に点数を上げるためにも、色々な問題に触れさせてみてください。