過去問の活用

中学受験の問題は、どれも難易度が高く、どんな問題が出てくるのかは本番にならないとわかりません。国語の問題の場合は、公式などが用意されているわけでもなく、常に新しい問題に対応できる能力を身に付ける必要があるので、常日頃から様々な問題にチャレンジして、対応力を高めておきましょう。中学受験の国語の勉強は、過去問題を参考にすることで、よりスムーズに行うことが出来ます。

中学受験の過去問題の多くは、参考書などで販売されており、学習塾や家庭教師の多くは、過去のデータを参考にして独自の指導プランを提案しています。志望校の学校がすでに決まっている場合は、その過去問を使ってテキストなどを作成している学習塾や家庭教師を使えば、より効率よく国語をはじめとする各教科の勉強を行うことが出来るようになります。

中学受験の試験問題は、学校ごとに傾向があり、長文問題が集中している学校もあれば、記述問題が多く見られるところがあったりと、様々な特徴が存在します。その特徴にあわせて勉強することで、効率よく志望校の合格を目指すことができるようになりますが、それが行き過ぎると過去問題と同じ形式の問題にしか対応できなくなるので、そうならないように、幅広いジャンルの問題に触れるようにしましょう。