自宅学習の内容

中学受験は小学校のテストとは違い、入念に準備を済ませておかないと、合格することは出来ないでしょう。有名な中学校で出た問題には、公立中学や高校で出る問題が出されたこともあるそうなので、早いうちから受験対策をはじめておかないと、学力不足に陥ってしまいます。特に中学受験の際は、国語のように、長文の文章問題など、解きにくい問題が多く出てくるので、より慎重に勉強していく必要があります。

国語の受験勉強は、場数を踏むことが大切といわれています。学習塾や家庭教師でも過去問題をまとめたテキストを使って指導を行っていますが、それだと新しい試験で採用された問題に対して対応しきれなくなるので、いざというときのためにも、自宅学習でより多くの問題に触れるのも一つの手です。国語の苦手はとにかく数をこなさないと克服できないので、国語の点数に不安がある方は、積極的に自宅学習を行いましょう。

自宅学習を行う際は、前もって学習塾や家庭教師の講師と相談してからメニューを決めましょう。勉強内容や勉強の仕方を増やすことで、子どもの負担が大きく増えることもあるので、無理をさせすぎないように、お互いの教育方針を明確にすることで、無駄なく子どもに勉強させて、国語の難解な問題にも対応できるようにしました。