段階を踏んだ勉強

中学受験で出題される国語の問題は、読解力が強く求められ、問題の内容によっては精神年齢まで影響してくる大変厄介な問題です。そのため勉強させても、なかなか問題を解けない子も多く、すっかり苦手意識がついて、長文を読もうとすると集中力が途切れてしまう子も少なくないようです。こうした問題を解決するためには、段階を踏んで勉強を行い、長い時間をかけてでも苦手意識を克服していくことが大切です。

国語が苦手という子に、無理やり試験問題を解かせようとしたり、解答を教えたりしても、それが身につくことはほとんどありません。最初のうちは自分から文章に興味を持ってもらえるように、苦手意識をなくしていく元が大切です。例えば短文の問題を中心に解かせることで、少しずつ長い文章を読めるだけの心の余裕を持たせたり、定期的に読書の時間を設けて、文章を読む癖を付けさせたりと、段階を踏んで実力を付けることで、試験問題に対応できるようになるはずです。

段階を踏んだ受験勉強は、確実に実力を付けることが出来ますが、その分長い時間が必要となります。試験科目は国語だけではないので、かなり時間の余裕をあけないと、余裕を持った国語の指導は出来ないでしょう。中学受験を検討しているという方は、なるべく早くに国語の問題に対応できるように、試験勉強の準備を進めておくのをオススメします。