ためになる読書

学力向上のために中学校を受験させるのは、子どもの人生にとって必ずプラスになってくれますが、そのためには試験に合格させなければならず、試験勉強の準備もなるべく早いうちから進めなければなりません。中学受験の問題の中でも、国語は非常に大きなポイントといわれており、小学校のテストよりも読み解く力が必要となるので、かなり時間をかけて文章を読む力を付けさせなければなりません。

文章を読む力を身に付けさせるには、まず読書をさせることが大切です。最近は子どもの活字離れが深刻化しており、読書習慣のある子とそうでない子とでは、読解力に大きな差が出るといわれています。受験勉強のために読書をさせるなら、なるべくためになる本を読ませたいところですが、オススメなのは、過去の試験問題に出された書籍です。中には普通に読んでも面白い書籍を題材にしたものもあるので、試験の雰囲気をつかむ上でも役立つかもしれません。

勉強のために読書の習慣を付けることは良いことですが、きちんと習慣付けるためには、当人が読書は面白いものだと思わせることも大切です。勉強になる本を読ませるのも大事ですが、はじめのうちは娯楽性の強い作品を入り口にするのも良いでしょう。読書の面白さに目覚めてくれれば、試験問題にも対応しやすくなっていき、国語の成績も上がってくるでしょう。