語彙力を高める

中学受験の際とにかく重要なことは、語彙力を高めることです。文章を読み取って、出題者の問いに答えることが出来なければ、中学受験に合格することは出来ません。読解力は当然国語で最も活躍するスキルですが、中学受験の場合は、ほかの科目の問題でも記述問題が多く出題されるので、語彙力を高めておくことで、様々な科目で高得点を得るチャンスを生むことが出来るはずです。

中学受験での問題は、課題文を元に自分の考えを文章にまとめたり、数問の記述問題にだけ答えたりと、小学校のテストでは見ない形式が数多く紹介されています。そのため教科書の大事なポイントを暗記するだけで解けるような問題はなく、得点が伸び悩む生徒も少なくありません。語彙力を高めるには、とにかく文章を読むことでどうやって問題を解くための情報を得るかを学び、解答をまとめるときにはどのような文章がふさわしいのかを、実践して少しずつ覚えていかなければなりません。

語彙力は一朝一夕に身につくものではなく、長い時間をかけて本を読むことで、初めて実力が身についてきます。試験勉強を始める段階でこの状態だと、ほかの科目でも苦戦することになるので、出来れば試験が始まる前に、児童文学などを読ませたり、試験の課題に出た本を読み聞かせるなど、文章を読むことを習慣付けるようにしましょう。